万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

入学式・卒業式の着物に合わせる草履は?色と素材で格付け

スポンサーリンク

お子さんの入園式や卒園式、入学式や卒業式にお着物を、とお考えの方も多いと思います。素敵ですよね。嫁入り道具に着物をあつらえてもらっていたり、親や親戚のおばさまから譲っていただいたりと着物自体はけっこうもっていたるするのですが、いざ着ていかんとするとき、はたと困るのが小物たち。入学式や卒業式に着る着物にはどんな草履を合わせればいいのでしょうか?草履にも色や素材で格が違います。

 

 

入園式・卒園式や入学式・卒業式に着ていく着物

入学式や卒業式は人生の節目を祝う式典。

ママたちの服装も準礼装・正装になります。

地域性や校風にもよりますが、

訪問着、付け下げ、色無地、紋付江戸小紋あたりがいいですね。

紋付黒羽織に小紋の略礼装でも大丈夫です。

名古屋あたりは訪問着の方が多かったり、紬は普段着レベルの格ですが、奄美大島の方は地元の大島紬だったり地域によってちょっとづつ異なってきます。

地元の信頼のある呉服店や着付け師さんを見つけておくと相談できて便利です。

子供が主役なので訪問着ならちょっと控え目に映るものがいいです。

 

帯もそれぞれの着物の格に合ったものにしましょう。

礼装・準礼装は袋帯もしくは綴れ名古屋帯や金糸銀糸入りの名古屋帯になります。

小紋は外出着にあたり、合わせる帯は基本、名古屋帯もしくは洒落袋帯ですが、江戸小紋は紋がつけば別格です。

ボリューム感の控え目な袋帯なら柄行次第では小紋にも合わせられるものもあります。紋のない普通の小紋に訪問着などに合わせるような豪華な帯を締めるとちぐはぐになってしまうので注意してくださいね。

個人的にはほとんど無地に見えるような飛び小紋とか蛍ぼかしなどに控え目な袋帯ならOKかな~とは思いますが、住んでいるところの着物事情によりますね。

 

あわせる草履の色や素材は?

着物はもちろん小物も実は格があります。

半襟も基本は白が礼装。色半襟は外出着や普段着用です。

第一礼装は白ですが、準礼装の訪問着、付け下げなどには白~淡い色の刺繍半襟も合わせられます。ただ、入学式や卒業式は主役はお子さんなので、淡い色目の刺繍半襟よりも白や白地に白の刺繍の施されたぐらいの刺繍半襟の方がすっきりと見えます。

草履にも格があるんです。

第一礼装の黒留袖や色留袖にはくのが佐賀錦。

金台・銀台は第一礼装もしくは豪華な訪問着です。

鼻緒次第で礼装にもカジュアルにも使えるのが白。

艶のないタイプと艶のあるタイプとではないほうが格上です。

色が濃くなるほどカジュアル向けになってきます。

ご存知のとおり下駄はサンダルレベル。浴衣か木綿、紬などの着物に合わせます。

 

入学式には白っぽくて台の高いものを選ぶとすっきりまとまります。

全体的にふんわりとまとめられると春っぽくていいと思います。

ママの着物姿をお子さんが喜んでくれると嬉しいですよね。

 

追記:4/28

ちなみに私は今回、娘の卒園式と入学式で台の高い、ほとんど白に近い、淡い桜桃色のエナメルの草履を色無地に合わせました。

横からみると台が三段にわかれていて、花緒も三石のものを使用。

 

結婚式・入学式・卒業式に付下げ小紋や飛び小紋は可能?格と着用場所

入学式・卒業式に着る着物(訪問着・色無地・付下げ・江戸小紋)と帯