万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

結婚式・入学式・卒業式に付下げ小紋や飛び小紋は可能?格と着用場所

スポンサーリンク

着物のTPOってなかなか難しいものです。識者の中でも線引きが分かれているものもあります。紬の訪問着をフォーマルとするのか?とか飛び小紋はフォーマルにできないのか?とか。高価な訪問着よりは手が出しやすい飛び小紋はどこまで大丈夫なんでしょうか?

 

 

飛び小紋と総柄小紋

小紋と一口に言っても様々で、いろいろな種類に分かれます。

柄の配置で分けるとするなら、大きく飛び柄と総柄に分けられます。

飛び小紋とは小紋の1つで、文様が転々と散らしてある小紋の事をいいます。

総柄小紋というのが、全体に細かい文様がある小紋の事です。

 

付下げ小紋と飛び小紋の格と着ていける場所

付下げのように柄が上向きな小紋を付下げ小紋といいます。

一言で言うと付下げと小紋の間の格なのですが、

フォーマルなのかカジュアルなのか?

非常に線引きが分かりづらい着物の一つです。

小紋と同格あるいは小紋よりちょっといいぐらいの格なので、

ホテルなどでの豪華な結婚式には向きません。

柄付けにもよりますが、

おしゃれ着として楽しんだほうがいい着物ですね。

お祝いの席にふさわしい柄づけで帯とのバランスが取れていれば、

カジュアルな結婚式など場所や客層によっては着ていける着物ともいえます。

結婚式の二次会からの出席なら素敵ですよね。

 

 

同様に線引きがよく分からないのが飛び小紋。

柄が転々と配置されていて、無地場の多いのが特徴。

無地場が多いので、お茶席にもつかわれており、

茶席小紋とも呼ばれています。

ただ、無地場が多くはありますが、色無地ではないんですよね。

 

一方、遠目では色無地に見える江戸小紋。

紋を付ければ色無地に準じるものとなり正装に格上げされます。

 

正装である色無地はそもそも宮中の礼装が元となっています。

おしゃれ着・外出着である江戸小紋も武士の礼装の裃の文様が元になっています。

紋がつけば正装になるというのも分かる気がします。

 

飛び小紋の場合どうしても、

おしゃれ着・外出着の枠から出れそうで出れないという微妙な印象があります。

 

ただ、結婚式のあり方も様々になってきているのもあり、

レストランウェディングのようなカジュアルな結婚式では、

紋を付ければ飛び小紋も大丈夫という専門家もいらっしゃいます。

結婚式の場所と規模を考えれば料理できる着物ともいえますね。

もちろん江戸小紋など以外の格下の小紋に紋を付けること自体

タブーという考え方もあります。

意見が分かれるところです。

二次会からの出席なら付下げ小紋と同様、大手をふって着ていけますね。

 

また入学式や卒業式では、地域や校風にもよるので一概には言えませんが、

柄や帯次第では着ることができます。

小紋を略礼装にする便利なアイテムが紋付黒羽織。

学校行事や法事などにも使えます。

 

まとめ

付下げ小紋も飛び小紋も

・カジュアルな結婚式

・入学式と卒業式

などには紋や帯の合わせ方、

紋付黒羽織の使用などで出番が増える着物といえますね。

 

初詣の着物の種類~振袖・訪問着・付下げ・色無地・小紋・紬・木綿

着物で結婚式に参列する時の紋の種類(染め抜き紋・縫い紋他)と位置

結婚式に帯留めは可能?腕時計やかんざしを付けるときのルール