万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

折り紙ハート(繋がる形とわっか)の切り絵の作り方!バレンタインに

スポンサーリンク

豆まきが終ればバレンタイン。デパートのチョコ売り場にいるだけでうっとりしてしまいます。食べる宝石ですからね~。手作りも楽しいですよね。ラッピングに切り紙を使ってもかわいくできますよ。折り紙で作るつながるハートとわっか(円形)のハートの簡単な切り絵の作り方をまとめています。

 

切り絵『つながるハート』の作り方

1、折り紙を長方形に半分に切ります。

2、横長に置きます。

3、縦半分に折ります。

4、さらに半分に折ります。

5、蛇腹に折りなおします。

6、ハートの図案を下書きします。

両サイドに図案がつながるように描いてください。

ここが大切なポイントです。

両サイドとつながっていないと、つながったハートにはなりません。

7、周りをホッチキスでとめてハサミで切ります。

8、そーっと開くと出来上がりです。

 

f:id:kichisuke3:20141030161838j:plain

 

切り絵『格子型のハート』の簡単な作り方

格子型の切り絵はつながる切り絵の応用になります。

1、折り紙を中表に縦半分に折ります。

2、さらに縦半分に折ります。

3、横半分に折ります。

4、ハートの図案を描きます。

下絵はわっか部分にかかるように描きます。

ここでは左右と下に輪がある状態です。

5、ホッチキスでとめてハサミで切ります。

6、そーっと開くと出来上がりです。

 

f:id:kichisuke3:20141030162613j:plain

 

切り絵『わっかのハート』の簡単な作り方

円形のわっか状の切り絵のポイントは折り紙を三角に折っていく事です。

1、折り紙を中表に三角に折ります。

2、さらに三角に折ります。

3、もう一度三角に折ります。

4、ハートの図案を下書きします。

ここでも両サイドに図案をつながるように描いてください。

写真は左側が輪が3つ、上が輪が1つ、右側が中心となっています。

5、ホッチキスで周りをとめてハサミで切っていきます。

6、そーっと開くと出来上がりです。

折って切っていくタイプの切り紙は開いたときが醍醐味ですよね。

この図案は切り込みを入れる必要も無いので簡単にできてしまいます。

 

f:id:kichisuke3:20141030163222j:plain

 

円形の切り絵はレースペーパーと組み合わせて使ったり、

いくつかの図案を組み合わせるとオリジナリティーのあるラッピングにもなります。

薄手の和紙だと切りやすいですし、紙と紙を重ねたときの透け感がポイントになります。

 

バレンタインの由来

日本では1970年代後半辺りから定着したといわれていますが、

海外から伝わったのは第二次世界大戦後あたりです。

結構歴史があるんですね。

 

ローマ帝国クラウディウス皇帝の政治下では兵士の結婚が禁止されていました。

キリスト教司祭バレンタインはそんな兵士たちをこっそり結婚させてあげていたといわれています。

皇帝にばれて処刑さえてしまった日が2月14日だといわれています。

歴史的背景などを踏まえて考察すべき点は多いようですが、

一般的なもともとのバレンタインデーの由来はここから来ているようです。

 

日本においては、宗教から切り離されて製菓業界や流通業界の経営戦略的な要素が色濃く出ている行事の1つですね。