万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

折り紙の雛祭り!繋がる桜橘・鞠の切り絵の作り方~つるし飾り素材に

スポンサーリンク

f:id:kichisuke3:20150224154304j:plain

つるし飾りは雛人形を引き立ててくれます。ちりめんで出来たつるし飾りもかわいいですし、折り紙のつるし飾りもいいですよね。つるし飾りに出来る桜・橘・鞠のつながる簡単な切り絵の作り方をまとめています。

 

 

つながる切り絵・切り紙の方法

つながる切り絵の方法は大きく2つあります。

同じ方向に半分に折っていく方法と蛇腹に折っていく方法です。

紙の厚みなど物質的問題を考えなければ、

エンドレスにひたすらつながる切り絵ができます。

折り紙でやるなら、長方形に半分に折ってさらに半分に長方形に折るくらいがハサミが入りやすい範囲です。

 

つながる桜橘の簡単な切り絵

1、折り紙を半分に切ります。

2、横長の長方形になるように置きます。

3、中表にして真ん中から縦半分に折ります。

4、3を縦半分に折ります。

5、桜と橘の図案を描きます。

両端が輪になっているので、図案が両端にかかるようにしてくださいね。

輪の部分に図案がかからないとつながった切り絵にはなりません。

6、周りの余白をホッチキスで止めます。

ハッチキスで止めると切り取るときにずれにくくなりますし、

ゴミも散らかりにくくなります。

7、ハサミで切っていきます。

桜の葉分の部分など細かいところは図案の目立たないところに切り込みを入れてきります。

工作バサミで純分カワイイ切り紙ができますが、

細かく精巧な模様を切り取るための切り絵専用のハサミも販売されています。

 

f:id:kichisuke3:20150224155508j:plain

 

桜と橘、左右どっち?

雛人形の左右に添えられている桜と橘。

橘は柑橘系の黄色い実をつけた飾りが良く見られます。

雛人形の配置と同様に桜と橘も場所が決まっています。

ケースに入っているタイプの雛人形は、

お手入れ以外では早々人形自体を取り出さないので大丈夫なのですが、

一つ一つ飾るタイプのものは、1年仕舞っている間にそれぞれの位置を忘れてしまいがちです。

お店から買った当初に写真をとっておくといいですね。

 

もし忘れてしまったときのために覚えていてもらいたいのが、

『左近の桜、右近の橘』

という言葉。

 

平安時代、内裏(=帝)から見て左に桜が、右に橘が植えられていて、

内裏の左側に左近衛、右に右近衛という警護が置かれていたのがこの言葉の語源となっています。

国を取りまとめる際に左右の優劣を付けたほうが何かとやりやすかったんでしょうね。日本では古来から左が上。

桜と橘では花の時期も桜が最初なので内裏から見て左です。

 

由来もうっかり忘れちゃうものなので、

左近の「さ」、桜の「さ」で頭文字がどっちも「さ」

という風に覚えていれば案外忘れないものです。

主体は人形で。

 

つながる鞠の簡単な切り絵

考え方や作り方はつながる桜橘と同じです。

図案が違えばいろんな形ができます。

 

f:id:kichisuke3:20150225124925j:plain

f:id:kichisuke3:20150225124945j:plain

 


折り紙の梅・椿・桜(平面・立体)の簡単な折り方・切り絵の作り方! - 万のコトノハ

折り紙でお雛様!左近桜右近橘の折り方・切り絵の作り方と位置や意味