万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

お歳暮の意味と時期やマナー!喪中時の熨斗紙の書き方や水引の種類

スポンサーリンク

もうそろそろ、お歳暮の注文をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?何にしようか迷いますよね。デパートにしろオンラインショップにしろ、年々注文の時期が早くなっているようです。気をつけたいのがお歳暮を贈る時期。熨斗や水引など喪中時のマナーもまとめています。

 

お歳暮とは?意味と時期

お歳暮の「歳暮」とは読んで字のごとく年の暮れの意味です。

もともとは神様に供物を供える時期。

時代が下って、江戸時代。

商人の得意先への挨拶回りや分家の本家への挨拶回りに贈り物を持っていくようになり、年の暮れの挨拶回り「歳暮回り」として定着してきたのがお歳暮の原型のようです。

現在は「歳暮回り」という行為ではなく、贈り物そのものことを「お歳暮」と言っていますね。

 

お歳暮の注文時期は10月の中旬ぐらいから始まります。

昔に比べて早くなっています。

お歳暮を届ける時期というのが地域によって異なってきます。

関東の都市では12月1日~20日と幅広いのが特徴です。

西日本や北日本になると12月10日~20日ぐらいになります。

どこも年末年始はバタバタしているので、

先方の事も考えて、その時期を避けている点は共通しています。

ただ、数の子などお正月に使う生ものなどは、鮮度の問題や先方の冷蔵庫の空き具合にもよるので年末ギリギリのほうがいいですよね。

 

お歳暮の熨斗紙の表書きと水引

表書きは「御歳暮」なんですが、これは12月20日ぐらいまでの場合です。

12月20日~年内の場合、「寒中見舞い」、

1月に入ってしまったなら、元旦から松の内までは「御年賀」、

松の内から立春の間なら「寒中御見舞い」となります。

松の内の期間は関東と関西とでは異なるので注意して下さいね。

関東は1月7日まで、関西では1月15日までが松の内です。

お歳暮の水引は花結び(蝶結び)です。

 

喪中時の熨斗紙の書き方や水引の種類はどうするの?

お歳暮を贈るときに悩んでしまうのが自分や先方の喪中時。

お歳暮と言うのは、お世話になった人(上司、取引先、お稽古事の先生、友人、親戚など)に贈るものなので喪中というのは関係ありません。

なので贈っても大丈夫です。

 

ただ、初七日や四十九日などの法要の時期だと先方も忙しいので避けるのがマナー。

熨斗紙も「御年賀」の表書きは使えません。

時期をずらして「寒中見舞い」として贈ってくださいね。

紅白の水引がついていない白無地の短冊を使います。

贈り主が喪中の場合も同様です。