万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

結婚式の着物ルール!袋帯の種類と帯締め・帯揚げ・帯留め

スポンサーリンク

折角、日本に住んでいるのであれば、結婚式には着物を着て新郎・新婦を祝福してほしいな~と思います。世界に誇れる日本文化ですし。場をわきまえながらも華やかに着こなしたいですよね。結婚式にふさわしい帯や帯まわり(帯締め・帯揚げ・帯留め)についてまとめています。

 

 

結婚式にふさわしい着物は?

結婚式と一言で言っても様々。

身内なのか親戚なのか友人なのか会社の同僚のなのか知人なのか。

誰の結婚式でどこであるのか?規模はどれくらいなのか?

披露宴から呼ばれているのか、

二次会から呼ばれているのかでも着ていく服装というのは違ってきます。

 

身内や親族だと、

既婚者なら黒留袖・五つ紋付色留袖が第一礼装です。

黒留袖は新郎新婦の母親や親族の女性が着ます。

色留袖は新郎新婦の未婚の姉妹や親族の女性が着ます。

未婚者なら振袖。

ただし現在において大振袖(袖丈115センチ前後)は花嫁が着るものとなっているので注意してくださいね。

一般的に成人式等であつらえる振袖は、中振袖といわれるもので袖丈が約95センチ前後のものです。身長によって若干の違いはあります。

 

親族の結婚式なら、

一つ紋付訪問着、三つ紋付き色無地などの準礼装でも大丈夫です。

三つ紋付き色留袖も準礼装になり訪問着感覚で着ることができます。

 

友人・同僚の結婚式の場合は、

未婚者だと振袖、

未婚・既婚問わないのが訪問着、付け下げ、色無地、紋付江戸小紋。

紋は一つ紋ぐらいで大丈夫です。

 

自分が重たい立場の列席者なら色留袖がいいですね。

 

紋や柄行によって微妙に格が異なってくるのがややこしいところではありますが、

ざっくりこんな感じです。

昔ほど紋の数に対して厳しくなくなってきている背景もあり、若干の地域差もあります。

結婚式の場所や規模をリサーチして自分がきる着物の格を調節してくださいね。

 

結婚式に恥をかかない帯!袋帯の種類

結婚式に着る着物が決まったのもつかの間。

合わせる帯はどうしようと悩んでしまいます。

 

結婚式用の礼装の帯は袋帯というものになります。

本来は表と裏が輪になるように袋状に織られているものです。

最近では表と裏が別々に織られて縫い合わせてある「縫い袋」が多いようです。

綾織、唐織などで織られ、金糸銀糸の入った古典文様が描かれた格式のあるものが結婚式向けです。

個性的な柄や色使いのものはカジュアル色が強くなるので親族の結婚式には控えたほうがいいです。

 

袋帯の中には「しゃれ袋」というものもあります。

素材もいろいろでパーティーや同窓会など自分が楽しむための場所に使える帯です。

訪問着から小紋や紬の間に格付けされる着物に合わせられる帯ですが、結婚式には不向きです。

 

古典柄が全体に織られた豪華な名古屋帯なら結婚式にも使えます。

訪問着以下の準礼装向けです。

綴れ名古屋帯もあります。

 

 帯締め・帯揚げ・帯留め

白の帯揚げと金銀の入った帯締めをすると改まった感じになるので結婚式に使えます。

着物は宝石要らずというように織や染めの美しさを愛でる事のできるものです。

礼装に帯留めは要りません。

 

語弊がある書き方になってしまいましたので、補足しますと、

着物の種類によって帯留も分けなければならないのですが、

ざっくり分けているのか、細かく分けているのか、

専門家や着付けの流派によって意見が分かれているのが現状。

 

元々は「着物は宝石要らず」なのですが、

日本が欧米化するに当たって、欧米の宝飾品に見劣りしないものが上流階級の間で必要とされ、帯留めが重要視されたという経緯があります。

 

外国の方を招いての正式なパーティなどでは必須ですが、

通常の礼装では必ず付けなければならないものではありません。

 

付けたいのであれば礼装に見合った格のものか?招いた側の身内や親族が不快に思わないか?よく吟味する必要があります。

一般的に五大宝石、七大宝石といわれるものが該当します。

 

帯留めなしで末広を脇に差しておくとワンポイントにもなりますし、品よく見えますす。また相手に敬意が示せますので好印象です。

 

素敵な着こなしができますように。

 

結婚式に帯留めは可能?腕時計やかんざしを付けるときのルール

結婚式に着ていく着物(振袖・訪問着・付け下げ・色無地)のルールやマナー

結婚式の日取り決め!2015年大安・仏滅いつ?三隣亡の意味

結婚式の着物ルール!小物(半襟・足袋・末広)の色と紋の種類

結婚式に着る着物ルールとタブー!洒落袋帯・綴れ名古屋帯・綴れ袋帯

七五三での親の服装マナー!万能着物色無地と貼り紋・縫い紋・染抜き紋