万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

折り紙ぽち袋(ハート・たけのこ他)の簡単な折り方!小銭用にも

スポンサーリンク

お年玉入れに使うぽち袋。一言で言うと心づけ用熨斗袋ですね。かわいいぽち袋は捨てずにとっていたりしますよね。洒落物好きの江戸の旦那衆の間などではコレクションもされていたようです。ぽち袋の由来とハートとたけのこ、十文字の簡単でかわいいぽち袋の折り方・作り方をまとめています。

 

ぽち袋の由来

ぽち袋の語源は諸説あります。

芸妓や舞妓に渡した心づけで「これっぽっちで申し訳ないが」という控えめな気持ちをあらわしているという説や、

関西方面の方言で心づけのことを「ぽち」というところから始まったとする説。

裸銭よりぽち袋に入っていたほうが嬉しいですし、改まった感じがします。

 

ぽち袋『ハート』 の折り方

 

http://折り紙ハートの切り方・折り方・作り方!長方形、正方形、立体編

 

『長方形の紙で作るハートの折り方・作り方』のハートがぽち袋にもなります。

作り方の6番のときに一緒に小銭を入れ込んでくださいね。

A5サイズで作るとちょうど小銭を入れるのに程好い大きさになります。

 

ぽち袋『たけのこ』の折り方

1、長方形の紙を用意します。

A4サイズだとちょうどお札を4分の1に折りたたんだ大きさが入ります。

f:id:kichisuke3:20141008135738j:plain

2、紙を横長に置きます。中心に合わせて横に半分に折ります。

3、開きます。

4、上の2つの角を2の折線に合わせてそれぞれ三角に折ります。

5、下の部分を2の折線に合わせて長方形に折ります。

6、4の三角の縦の線に合わせて、5の長方形と4の三角の一部を上に向けて折ります。5の長方形の下の角が4の三角の縦の線の中心にきます。

7、上側を2の線まで折って上下をひっくり返します。

8、裏返します。

9、4の三角の縦の線に合わせて右側を折ります。

10、左側も同様に折ります。左側の下の角を右側の下の三角のポケットに入れ込みます。

11、裏返します。

12、上の右の角を真ん中まで三角に折ります。

13、左側も同様に折ります。角を右側の三角のポケットに入れ込みます。

14、裏返すと出来上がりです。

 

13の下の長方形の部分にお札や小銭が入ります。

折り方の7のときに一緒に折りたたんだお札を入れておくとスムーズです。

ぽち袋以外にお手紙としても使えます。

 

f:id:kichisuke3:20141008135256j:plain

 

長方形でも正方形でもできるぽち袋『十文字』の折り方・作り方

1、紙を用意します。

長方形の紙で作れば長方形のぽち袋が、正方形で作れば正方形のぽち袋ができます。

2、紙の四方を同じ幅で折ります。幅は使う紙の大きさによります。

3、半分に折ります。

4、さらに半分に折ります。

5、2まで開いて裏返します。

6、左側の辺が中心につくように斜めに折ります。

7、上側の辺が中心につくように斜めに折ります。

8、右側の辺が中心につくように斜めに折ります。

9、下側の辺が中心につくように斜めに折ります。

10、9を6に入れ込みます。

11、出来上がりです。

 

表と裏でコントラストのある紙を選ぶとキレイです。

和紙もかわいいですよね。

 

f:id:kichisuke3:20141008140607j:plain

 

ぽち袋って小銭を渡すときやお年玉以外にもクリップや種などの細かいものの整理にも便利です。