万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

浴衣美人・着物美人の鉄則!補正に下着、姿勢も大事。立ち居振る舞いに気をつけて

スポンサーリンク

毎日毎日暑いです。お盆前で仕事も立て込んでいるところも多いのでは?皆様お疲れ様です。休みまであとちょっと。休日前、休日ともなればそこここで花火大会やお祭りが。折角、日本に住んでいるんだもの。浴衣を来て真夏を満喫しちゃいましょう!補正や下着、姿勢など知ってると浴衣美人・着物美人に簡単になれてしまいます!

 

浴衣美人・着物美人は補正と下着に手抜かりなし!

補正と下着は自分の浴衣姿や着物姿が180度変わってしまうほど重要な要素です。

浴衣の下着は

 

肌襦袢に裾避け

もしくは浴衣下(浴衣スリップ)、

もしくは和装ブラかタンクトップにステテコ、

と言った感じになります。

 

ここに補正をしていきます。

まずは胸の下の補正。着物も浴衣も平らが基本。

間違っても胸の大きさを強調する洋服用のブラははめないでくださいね。

お腹周りに4つに折ったタオルを腰紐やマジックベルトで固定します。

タオルを横長に折って折り目に腰紐をはさむと即席の補正パットができます。

後はお腹にタオルを当てて腰紐を背中で交差して前で結べば大丈夫です。

お尻と腰の段差を埋めるために腰にもタオルを当てたほうがいいですね。

腰パットも市販されています。

 

胸元の補正も大事です。

襟合わせのところにパットがついているタイプの肌襦袢なら

襟元の補正は必要ありませんが、

なければ肌襦袢の上の襟元に「V」字に折った手ぬぐいか薄手のタオルをのせてから浴衣を着ましょう。

ハンドタオルを胸と胸の間の上辺りにおいてもいいです。

 

着物の場合はこれらの上に長じゅばんを着ます。

浴衣の場合は長じゅばんは着ません。

 

胸、お腹、お尻の補正があるとすっきりとシワも少なく着こなせます。

 

浴衣美人・着物美人は立ち居振る舞いもきれい!

折角キレイに着付けた浴衣も立ち居振る舞い次第ではグダグダのヨレヨレになってしまいます。

浴衣にしろ着物にしろ、補正ときゅっと締まった帯のおかげで、姿勢も随分正されるものです。

実際に和装する事によって姿勢が正されるので、自律神経にもいいといわれています。

 

着物を着ても猫背だったりすると、客観的にみても貧相に見えてしまいます。

裏を返せば補正や帯が甘いと姿勢が元から悪い人は猫背になりがちということにもなります。

 

補正や帯結びも左右してくるものではありますが、

自分の意思で背筋を伸ばすようにしましょう。

姿勢がいいと、すらっと粋な浴衣美人・着物美人になれますし、姿勢が悪いことによる生地のたわみがなくなるので、着崩れもしにくくなります。

 

歩き方もガシガシ歩くと裾が広がってこれまた着崩れの原因に。

内股気味に歩くようにしましょう。

 

着崩れなしの浴衣美人や着物美人は目の前です!

 

浴衣に兵児帯・名古屋帯は有り?帯結びのポイントと種類・来ていける場所

浴衣に着物の体型別着付け方!おはしょりや帯の高さ・衣紋の抜き加減