万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

夏休み自由研究で草木染め!コーヒー・紅茶・葡萄・たまねぎの染め方

スポンサーリンク

プールに虫取りにサッカーに毎日子どもは元気です。毎日こんな調子で夏休みの宿題が非常に心配です。8月の最後の週に子どもを怒らないでいいようにめんどくさい自由研究や工作はささっと終らせておきたいものですね。台所は格好の実験場所。草木染なら親も子どもと楽しんでやれますよ。

 

台所でコーヒー染め

材料

・挽いたコーヒー豆 10~20グラムぐらい

(出がらしでも良いです。その時は量を多め。好みによります。インスタントコーヒーでも大丈夫です。インスタントコーヒーは水1リットルで大さじ3~4ぐらいが目安ですがお好みで。)

・焼きミョウバン 水1リットルで2.5グラムぐらい

・無調整豆乳か牛乳

・綿のハンカチ 1枚

 

染め方・作り方

1、綿は植物なので染まりにくい性質があります。色がつきやすいように下準備をします。豆乳もしくは牛乳:水=1:1になるように豆乳を薄めます。

2、1の液に一度あらって乾かした綿のハンカチを30分ぐらい漬けます。

3、そのまま乾かします。

4、乾いたハンカチの模様を付けたい場所を輪ゴムでしっかり縛ります。

ここの縛りが甘いと白抜きしたい場所がうまくできません。

5、染液を作ります。鍋に水を入れてコーヒーを15分ぐらい煮出します。コーヒー豆のかすを濾します。

6、色むらをなくすためにハンカチを湯通しします。

7、染め液にハンカチを浸して沸騰させます。液の量はハンカチが十分に浸るくらいにします。足りなさそうなら水を追加してください。

8、菜ばしでかき混ぜながら15分程度煮ます。

9、大きめのステンレスのボールに焼きミョウバンを入れてハンカチがひたひたにつかるくらいのお湯を入れます。

10、9にハンカチを入れて15分ぐらいかき混ぜながら浸します。

11、再び染液に入れます。15分くらい煮てください。

12、水洗いして脱水して乾かすと出来上がりです。

 

 

紅茶も葡萄もたまねぎも同じような要領で染まります。

水の量に対して紅茶や葡萄の皮、たまねぎの皮の分量はお好みです。

少なければ薄く染まるし多ければ濃い色になるし様々です。

分量を調節していくつかのパターンの染液を作って比較検討してもいいと思います。

葡萄の皮やコーヒーのかすは一度には集まらないので、消費したときに冷凍保存しておくといいです。結構たまります。他の食品の邪魔になりそうなときにころあいを見計らってやってもいいですね。

紙やレースを染めても楽しいですよ。アンティーク調になります。

 

江戸妖怪大図鑑(大田記念美術館特別展)開催期間と開館時間・妖怪ウォッチと比較

自由研究で草木染め!媒染剤おはぐろの作り方・染め方・まとめ方

熊川哲也絶賛バレエ・リュス展開催中!場所と開館時間や最終日

夏休み工作どうする?牛乳パックで作るはがきの材料と作り方まとめ方

折り紙でセミの抜け殻の折り方・作り方!夏休み工作で昆虫図鑑を作る

自由研究で草木染め!くちなしと絹の染め方とまとめ方・豆乳の有無