万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

折り紙で立体カブトムシを作る!鶴の応用でできる折り方・作り方

スポンサーリンク

七夕のお願い事考えました?自分の願いを紙に書いて祈るという行為で自分の中に願い事を落とし込む作業なんでしょうね。行動に移すきっかけというか。紙とペンの力は偉大です。七夕が終れば夏休み!自由課題に困ったら折り紙で昆虫標本でも。今回はカブトムシの折り方です。

 

鶴の応用カブトムシの折り方・作り方

こちらのカブトムシには3枚の折り紙を使います。途中までは鶴と同じ折り方です。

 

1、折り紙を三角に折ります。

2、さらに三角に折ります。

3、三角を開いて正方形に折ります。

正方形と二等辺三角形の組み合わさった台形が出来ます。

4、裏側も同じように折ります。正方形が出来ます。

5、自分から見てひし形になるようにバラバラの方を自分側に向けます。

6、自分の一番手前角を基点にして両サイドの対角線上の角を中心線にあうように三角に折ります。反対側も同じです。

7、裏返します。6同様に両サイドを折ります。

8、自分から見て一番奥の角を逆三角に折ります。

9、5の状態まで開きます。逆二等辺三角形の折り目がつきます。

10、9の折り目に沿って細長いひし形に開きます。

11、両サイドを手前の2つの角に合わせてそれぞれ斜めに折ります。

ここまでが鶴の折り方と同じです。これを3つ用意します。

3つのうち1つは11の斜めに折る部分を浅めに折ります。

他の2枚を差し込むことになるのでなるべく差込口が大きくなるようにするためです。

 

12、頭部と胴体の一部を作ります。差込口の大きいほうとそうでないほうを使います。折り紙の三角が二つに分かれているほうを上にします。11で折った折り目を開きます。

13、二つに分かれている部分をそれぞれ内側に折りこみます。

14、手前の三角を上に折りあげます。片側が長いひし形が出来ます。

15、両サイドの三角をそれぞれ上に折りあげます。細い三角が出来ます。

これを2つ作ります。

 

16、15の1つ(差し込み口の大きいほう)を使います。15で折った部分を山折りしてさらに谷折りにします。前足の節が出来ます。

17、14のひし形の下の部分を三角に折り上げます。

18、17の三角の頂点が下に向くように逆三角に折ります。

19、14のひし形の上の両サイドをつまんでつぶします。先を開いて上に向けます。(A)

 

20、最後の部品を作ります。1~11まで同じです。二つに分かれたほうを上にしておきます。

21、分かれた部分を内側に折りこみます。鶴の頚を作る要領です。

22、21をさらに内側に折りこみます。鶴の頭を作る要領です。

23、上の三角2つをそれぞれ斜めに折ります。(B)

24、15のもう一つの部品(C)に(B)をはめ込みます。

25、下の3枚のうち上から2枚をひし形の三角の部分に入れ込みます。

26、ひし形の両サイドを少し三角に折ります。

27、ひし形の上の部分を下に持ってきて25と同様の場所に入れ込みます。

28、一番下の一枚を奥に回して上から三角がくるようにします。(D)

 

29、(D)を(A)にはめ込みます。

30、(A)の一番下の三角を25と同様の部分に入れ込みます。

31、真ん中の足になる部分を山折り、谷折りにして足の節を作ります。

 

お疲れ様でした~。出来上がりです。

こんがらがって何がなんだか分からならないように、休憩しながら作ってくださいね。

 

f:id:kichisuke3:20140709130222j:plain