万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

ブラジル国歌の題名や歌詞の意味はサッカーと関係する?

スポンサーリンク

ワールドカップやオリンピックなど、世界の大会の中で流れる国歌というものは特別なものがあります。ワールドカップでの国歌斉唱は身が引きしまるというか、頑張るぞーというような思いが沸いてきます。どこの国の人も同じような思いなんじゃないでしょうか?

2014年ワールドカップ開催国ブラジルの国歌ってどういうものなのか見てみたいと思います。

 

 

ブラジル国歌の題名や歌詞の意味

ブラジル国歌『Hino Nacional Brasileiro』。

  1. Ouviram do Ipiranga as margens plácidas
    De um povo heróico o brado retumbante,
    E o sol da liberdade, em raios fúlgidos,
    Brilhou no céu da Pátria nesse instante.
    Se o penhor dessa igualdade
    Conseguimos conquistar com braço forte,
    Em teu seio, ó Liberdade,
    Desafia o nosso peito a própria morte!
    Ó Pátria amada, Idolatrada, Salve! Salve!
    Brasil, um sonho intenso, um raio vívido
    De amor e de esperança à terra desce,
    Se em teu formoso céu, risonho e límpido,
    A imagem do Cruzeiro resplandece.
    Gigante pela própria natureza,
    És belo, és forte, impávido colosso,
    E o teu futuro espelha essa grandeza.
    Terra adorada,
    Entre outras mil, És tu, Brasil,
    Ó Pátria amada!
    Dos filhos deste solo és mãe gentil,
    Pátria amada, Brasil!
  2. Deitado eternamente em berço esplêndido,
    Ao som do mar e à luz do céu profundo,
    Fulguras, ó Brasil, florão da América,
    Iluminado ao sol do Novo Mundo!
    Do que a terra mais garrida
    Teus risonhos, lindos campos têm mais flores;
    "Nossos bosques têm mais vida",
    "Nossa vida" no teu seio "mais amores".
    Ó Pátria amada, Idolatrada, Salve! Salve!
    Brasil, de amor eterno seja símbolo
    O lábaro que ostentas estrelado,
    E diga o verde-louro dessa flâmula
    - Paz no futuro e glória no passado.
    Mas, se ergues da Justiça a clava forte,
    Verás que um filho teu não foge à luta,
    Nem teme, quem te adora, a própria morte.
    Terra adorada,
    Entre outras mil, És tu, Brasil,
    Ó Pátria amada!
    Dos filhos deste solo és mãe gentil,
    Pátria amada, Brasil!

ブラジルの国歌 - Wikipedia

 

長っ!

歌うと3分以上かかります。

 

邦訳するとこんな感じらしいです。

イピランガの静かな岸辺は聞いた
とどろき渡る人民の雄叫びを
そして自由の太陽
その眩い光が たった今
我らが祖国を照らし出すのを
たくましき腕で勝ち取った平等の証 
汝の胸に おお自由よ 
我らが心は死をも恐れない
おお敬愛なる祖国 愛しく尊き国よ
栄えあれ! 栄えあれ!

国歌斉唱にみるブラジルの“本気度” | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

これで全体の3分の1の邦訳です。

選手も国民も覚えるの大変そうですね。。。

ブラジルでは国を挙げて国民に国歌の浸透を図るべく、テレビなどのメディアで多々流されているようです。とくにこのワールドカップに向けて。

自国開催では意外にも優勝経験がないので、力入ってます!

 

歌詞は長いんですけど、かっこいい曲です。

 

 

歌詞の意味はサッカーに関係するのか?

ポルトガルの植民地時代があったブラジル。

歌詞にある「Ipiranga」とは、ペドロ王子のちのブラジル帝国皇帝ドン・ペドロ1世がポルトガルからの独立を高らかに宣言した地なんだそうです。

「独立か、死か」という有名なセリフは「イピランガの叫び」と言う名称で知られています。

 

ブラジルの国歌というのはサッカーとは関係しないようです。

国家の独立、自由と平等を讃えた歌なんですね~。

 

ちなみに日本の国家『君が代』は平安時代の和歌が元になっています。

日本語は思いを短い言葉で表すのに適する言語なので、短歌とか俳句とが発展してきた経緯があります。

『君が代』はとてもシンプルで短い曲ですよね。

 

国歌はその国を象徴する顔とも言えるもの。国によって様々な特徴や経緯、意味があります。ブラジルワールドカップでは日本やブラジル以外の国の国歌に注目してみるのもいいかもしれません。