万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

フェイスペイントのやり方落とし方!アクリル絵の具の材料肌荒れ注意

スポンサーリンク

1度はやってみたいフェイスペイント。W杯もそろそろですからね~。気合はいりますよね。ハロウィンにクリスマス、夏祭りなどなど、やり方を知っていればいろんなイベントに使えて便利ですよね。

 

 

汗にも強いフェイスペイント用アクリル絵の具とは?

絵の具の中には水彩、油彩、アクリル等いろいろあります。水彩は水に溶かして使用します。油彩は油で溶かします。アクリルは水彩と油彩の中間のような絵の具です。水に溶かせるけど乾くと油彩のように固まります。耐水性です。

フェイスペイントやボディペイントをするならアクリル絵の具が便利です。

 

フェイスペインティング用のアクリル絵の具が様々な画材店で扱っています。

東急ハンズみたいなホームセンターにもありますし、画材店の通販でも手に入ります。

肌の負担や安全面のことが考慮されてあり、いろいろ種類もあります。乾くと耐水性になるので汗をかいても落ちにくいです。

 

ガレックスジャパンから出ている『ミラクルペイント』。

色混ぜ可能で、速乾性、使用後は水なしでシールみたいにはがれちゃう優れものです。これは便利です。色数もたくさんあって迷っちゃうんですよね。

天然ラテックスが原料で、肌の専門医と共同開発しているので子どもにも安心して使えます。ただ、ラテックスアレルギー(ゴム製品のアレルギー)の方は注意が必要かもしれないので、必ず専門医に相談してくださいね。

 

シーナの『クロマクリル』は毒性のない子供向けアクリル絵の具です。

フェイスペイントに使用できます。乾くと耐水性になります。

 

ィム・グラットン『ボディー&フェイスペイント』も安全基準を満たしたボディペイント、フェイスペイント用のアクリル絵の具です。

 

一般のアクリル絵の具の中には材料にカドミウムなどの毒性のあるものがあります。オレンジなどの暖色系に多いですね。ちゃんと製品に危険マークがついています。絵を描いたときに皮膚についても洗い流せば大丈夫です。

普通に使う分には問題ありませんが、誤って口に入っちゃうと心配なのでフェイスペインティングに使うのは避けたほうがいいかなと思います。特にに子どもはなめちゃったりするので。

一般のアクリル絵の具も大人が目や口、鼻、傷に入らない程度に注意して使う分には全然ありだと思いますが、肌荒れの心配もありますし、自己責任でってところですね。

 

 

フェイスペイントの材料や道具、やり方、落とし方、肌荒れ予防

道具はパレット、筆、綿棒、コットン、スポンジ、エアブラシなどを用意してください。材料はフェイスペイント用のアクリル絵の具です。スターターセットとかも販売されていますよ。

フェイスペイントに慣れてなくてもステンシルもあるので大丈夫です。

安全性のあるものとはいえ、化粧品ではないので肌荒れ予防はしておくにこしたことはありません。絵の具を塗る前に、肌にハンドクリームや化粧下地を塗っておくと肌荒れ予防にもなりますし、落としやすくなります。

 

転写シールという便利グッズもあります。

家にパソコンとプリンターがあれば画像を選んで転写シールにプリントしてそれを水を使って貼り付けるだけ。プリンターがなければカラーペンで専用紙に描いても使用できます。

木版画と同じ原理なので、専用用紙にプリントしたり絵を描いたりするときは画像を左右反転にしておきます。

敏感肌の人は注意してくださいね。シールはこすれば落ちます。

 

ハロウィン飾りまとめ!折り紙かぼちゃおばけ・帽子・蝙蝠の折り方作り方

ハロウィンUSJで仮装!2014日程と営業時間・仮装豆知識のまとめ