万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

コーヒーフレッシュがハンドクリーム?発がん性プラスチックでは?

スポンサーリンク

コーヒーフレッシュ。味があまりおいしいものではないのでわざわざ買ってまで飲まない人も、喫茶店に「ご自由におとりください」的にテーブルの脇においてあるとなんとなく使ってしまいませんか?「タダ」って実は怖い事だったりするんです。

 

 

コーヒーフレッシュの中身は発がん性食用プラスチック

コーヒーフレッシュの中身に入っているものってなんだと思いますか?

牛乳の味も、生クリームの味もしなくないですか?

当然と言えば当然です。

市販されていいるほとんどのコーヒーフレッシュの中には乳製品は含まれていません。めいらくのスジャータ純乳脂肪18%とか缶詰タイプの富士生クリームとか数えるほどのようです。

大概の安いコーヒーフレッシュの中身は植物油脂、乳化剤、増粘多糖類、pH調整剤、着色料、香料で構成されています。

 

コーヒーフレッシュの成分・原料はアレルギーに悪影響?賞味期限は

 

コーヒーフレッシュの開発された当時と言うのは戦後です。乳製品も高価だった時代です。安価で生クリームの代替製品として大手乳製品会社から売り出された経緯があるようです。

 

コーヒーフレッシュに含まれる植物油脂はマーガリンやショートニングにも使われています。この植物油脂と言うのは保存性を高めるために人工的に水素添加して加工されてあるもので、トランス脂肪酸と呼ばれています。

食用プラスチックと呼ばれるものです。プラスチックと構造が似ていて、腐りにくいのを特徴としています。

このトランス脂肪酸、発がん性や、アレルギー、心臓病、不妊、動脈硬化などの危険性があることが知られていてアメリカやヨーロッパではすでに使用禁止になっているほどです。

 

 

コーヒーフレッシュがハンドクリームに変身!?

来客用にと買っておいたコーヒーフレッシュ。使わないままそのままという方も多いようです。使い道のない方にひそかに知られているのがハンドクリームとしての利用法。

たしかに、主成分は油だし。スキンオイルを塗っていると思えばいいのかもしれませんが、トランス脂肪酸が皮膚にもたらす影響っていうのはないんでしょうか?

とりあえずハンドクリームが切れたときの代替案として使用されているケースがあるのだと思いますが、個人個人、アレルギーなどの体質の問題もありますし、常用するのは怖い気がします。

まあ、カネボウの白斑被害のような事件もありますし、市販の化粧品もどこまで信用していいのか分からないので、なんだか自分で気をつけようにもなかなか難しい部分はありますよね。

自分で出来るのはとりあえず健康的な食生活ですね。