万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

座ったままは健康や寿命に影響が!血行悪化で脂肪燃焼せず病気に?

スポンサーリンク

座ったままのデスクワークの方、多いですよね。立ちっぱなしもきついんですが、PCに向って座りっぱなしもかなり身体に負担がかかっているのをご存知でしょうか?

 

 

座ったままは要注意。健康や寿命に悪影響

仕事上、座ったままの方って、冷え症に悩ませられている方、結構多いですよね。座ったままというのは血行悪化につながるというのは誰もが感じている事です。この血行悪化が脂肪燃焼能力を低下させることにつながります。

座っている時間が長い人ほど糖尿病の発症率も高いと言われているほどです。座ったままであることで脂肪燃焼能力が低下する上に、デスクワークだと脳みそが疲れてくるので、自分のデスクの引出しに甘いものをいれてる人多くないですか?折を見て、飴玉やチョコレートをくわえていたりしませんか?

甘いものの中に入っている白砂糖は身体を冷やします。糖尿病になりやすくなる悪循環ですね。

 

また、血行悪化からつながっていくことなのだと思われますが、心臓に対する負担も大きいようです。人間にとって長時間の「座った姿勢」と言うのは健康や寿命に大きく関わってくる事と言えます。

 

 

血行悪化からの病気を防ぐ

長時間座って仕事をしている人にとっては、悩ましい問題です。すぐすぐ転職するわけにもいきませんし。エクササイズを取り入れていても、長時間座ったときの身体に対する負担はなかなか解消されにくいとも言われています。

簡単に言うと、

「座る時間を短くするに限る」

ということでしょうか。

 

朝からトイレ以外はずーっとデスクのPCとにらめっこ。お昼ごはん食べたらまたまたにらめっこ。というワークスタイルにちょっと息吹をいれてみましょう。

 

1~1.5時間すわって作業をしたら、社内を散歩してみるとか。

飲み物を調達しに自販機にいくとか。

自分のデスクのあるフロアでない階のトイレに行ってみるとか。

会議を立ったままやってみるとか。

通勤時など、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使うとか。

気分も変わりますから結果的に仕事の効率もあがります。

 

会社の体質上無理という方も多いと思います。ならば仕事以外での座る時間を減らしてみましょう。仕事帰りの電車は、ラッシュ時なので立つ事が多いとしても家ではどうでしょうか?テレビやPCの画面を見ながら座ってませんか?そのときの姿勢は猫背になっていませんか?姿勢が悪いと内臓を圧迫しますので健康や寿命にいいとはいえません。

 

仕事から帰ってきて、脳みそも身体もくたくたなので、しばらくテレビの前でボーっとしたい気持ちはあるんですよね。

仕事から帰ってきて家事をしなければならないママさんはまだ立つ時間が多いのですが、一人暮らしや既婚の男性の方はもう動きたくないですよね。

気持ちわかります。

 

ただもし、超尿病、心臓疾患、ガンなどが将来チラついているとしたら…

ここは夜のテレビを割り切ってやめて、お風呂はいってさっさと寝ちゃいましょう。早起きして朝の散歩を取り入れてみるのもいいです。

散歩仲間を見つけるのもいいかもしれません。