万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

コーヒーフレッシュの成分・原料はアレルギーに悪影響?賞味期限は

スポンサーリンク

ファーストフード店や喫茶店でもよく見かけるコーヒーフレッシュ。小分けにされているし常温保存なので便利なんだと思います。コーヒーの値段に加味されて入るんでしょうけど、タダみたいなもので、人によっては使いたい放題ですよね。安価だからお店的にはおまけ感覚なんでしょうか?コーヒーフレッシュの成分や原料を調べてみたら納得してしまいました。

 

 

コーヒーフレッシュの成分、材料は何?

コーヒーフレッシュってなんというか牛乳の味もしなければ特徴的な味というか甘みというものもない気がするのですが、普段使わなくても、喫茶店でタダなら何気なく使っちゃいますよね?

一体原料は何で、どんな成分が含まれているんでしょうか?

 

コーヒーフレッシュの原料は

植物油脂、乳化剤、増粘多糖類、ph調整剤、着色料、香料

 

製造会社によって差異がありますが、大体こんな感じです。生クリームはおろか牛乳も入っていません。要は油ですね。

食品添加物に詳しい安部司氏がこう語る。

「実は乳製品じゃないから腐らないんです。菜種油など植物性油脂を主原料に乳化剤、増粘多糖類、着色料などを加え、日保ちを良くするためにPH調整 剤を加えたもの。植物油に水を混ぜ、添加物で白濁させミルク風に仕立てています。ほとんどの人が知らずに乳脂肪よりカロリーの高い植物性油脂を入れている のです」

喫茶店の常温ミルクパック 高カロリー植物油脂原料で腐らず - Infoseek ニュース

コーヒーに油を入れて、ミルクを入れている気になっていたんですね。。。

 

 

コーヒーフレッシュの賞味期限とアレルギー体質への影響

でも、植物油だからいいのでは?と思われる方も多いと思います。日本での「植物油脂」の表示には消費者として気をつけておかねばならない問題があります。

例えばマーガリン。

植物油脂が原料とされていますが、水素添加された植物油が原料です。水素添加することによって液体を固形化しさらに保存期間を長くさせる目的があります。

 

これがトランス脂肪酸といわれるもの。コレがなかなか腐らない。アリも近づかない。天然にも微量にあるにはあるんですが加工物を大量摂取するのと訳が違います。このトランス脂肪酸が人体に悪影響を及ぼすと言われています。

心臓疾患やガン、糖尿病、アレルギー、不妊、認知症などに大きく影響を及ぼしているとされアメリカで使用禁止、デンマークでは毒物指定、EU各国でも同様の動きです。

 

日本ではトランス脂肪酸の表示義務が無いので安価に販売されているコーヒーフレッシュの中身にはトランス脂肪酸が入っていると思っておいたほうがいいと思います。マーガリンと同様人工物なので賞味期限もだいぶ長いです。

喫茶店でタダで使えるからと言って、安直に使用するのは考えものです。「タダより高いものはない」って言いますし。