万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

希少糖は血糖値(糖尿病)に効果!話題のお菓子やスイーツの種類は

スポンサーリンク

砂糖の甘みと言うのは中毒性があるのは、日々の生活で痛感している方も多いのではないでしょうか?事実科学的にも甘味によって人間は幸福感を得られるというのはよく知られています。

脳みそ的には脳の疲れを癒すのに甘味はうってつけなのですが、やはり現代人は取りすぎの感が否めません。しかも白砂糖は精製されていうるがゆえにミネラルが含まれていないので、体内のミネラル類を奪い取ってしまうと言われています。

ほどほどの摂取がいいんでしょうけど、やっぱり甘いもの欲しくなるんですよね。

 

 

血糖値に効果有りの希少糖

糖分の摂取で一番心配なのが血糖値の上昇における糖尿病。なりやすい体質の人とそうでない体質の人といるようです。その要因の1つと言われているのが

「もともと農耕民族なのか狩猟民族なのか?」

ということ。

飢饉に対応できるように体がエネルギーの節約体質になっているのが日本人。欧米人はもともとが狩猟民族です。食べるものが無くなれば、食べ物がある場所に移動していたわけですから、エネルギーを節約する必要は無かったと考えられています。

考える間もなく、日本人のほうが体内のエネルギーを溜め込みやすい体質なので、欧米人と同じ食事をとっていれば、当たり前ですが、肥満にも糖尿病にもなりやすいわけです。

我々が贅沢になってしまったのは自覚しておかねばなりませんが、かといって甘いものを今の生活から取り上げてしまうのはあまりにも勇気がいる事です。

 

昨今、ちょくちょく耳にするようになった希少糖

Dープシコースといわれる希少糖が血糖値の上昇を抑え、糖尿病抑制や、肥満抑制、動脈硬化抑制につながつとして注目を浴びています。商品化され、今後の食品業界が変わっていくきっかけになりそうです。

現在、D-アロースと言われる希少糖も研究されているようです。こちらが実用化されれば抗癌作用や、抗酸化作用が期待されるとも言われています。

期待してしまいますね。

高価ではありますけど、未来の健康的な自分への投資と考えれば安い買い物だと思います。

 

 

希少糖スイーツの種類

希少糖『レアスウィートシュガー』は液状シロップです。

希少糖を使ったいろんなお菓子のレシピがありますが、普通に蜂蜜とかを使う要領で使えるみたいです。

希少糖を使ったお菓子やジュースもネット販売や地域限定で販売されています。

『瀬戸内芳醇オレンジ』(ネット販売)、『伊藤園希少糖ソーダ』(香川県限定)などがあります。