万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

白砂糖の原料は健康に悪影響を与える体に悪いもの!料理の代わりは?

スポンサーリンク

普段何気なく摂取している白砂糖。普段のお料理にも入っていますし、加工品にも多量に入っています。糖分の取りすぎが昨今、社会問題化している『うつ病』にもつながっていると言われていることをご存知でしょうか?

 

 

白砂糖の原料は?

白砂糖の原料にはいくつかの材料があります。テンサイ、サトウキビ、サトウモロコシなどが代表的です。黒砂糖の原料はサトウキビです。てんさい糖の原料はテンサイです。テンサイは別名サトウダイコンとも言います。

なんだ。

結局、白砂糖も健康食品としての認知度の高い黒砂糖やてんさい糖と同じ原料。って思いますよね。

問題はここからです。

 

 

健康に悪影響大の白砂糖

白砂糖の場合、原料となるサトウキビやテンサイなどを煮詰めて不純物を取り出していく作業を行ないます。黒砂糖の製造方法はもっとシンプルです。原料となるサトウキビを煮詰めて固めると出来上がります。てんさい糖の場合、テンサイを煮詰めて砂糖の結晶と糖蜜とに分離させます。不純物の取り除かれた結晶が白砂糖に、もう一方の糖蜜がてんさい糖になります。

 

つまり、単純に言うなら、原料を精製し純粋な砂糖になったものが白砂糖。白砂糖の精製途中の、不純物混じりのものが黒砂糖やてんさい糖なわけです。

不純物が混じっていると原料のもつ独特の風味やアクが料理に反映されてしまうので、純粋なクセのない砂糖である白砂糖が多用されているわけです。市販されている大概の菓子類には使用されていると思ってもらっていいと思います。

 

しかしながら、いままで毛嫌いされてきた不純物にこそ糖分と一緒に摂取しなければならないビタミンB1やミネラルなどが含まれているわけです。ビタミンB1やミネラルは体内における糖分の分解をサポートします。

白砂糖はその体内に必要なビタミンB1やミネラルを削ぎとっているわけですから、その代替が必要になるわけです。

 

どこから取るのか?

 

糖分を摂取した人間の体内です。

 

顕著なのはカルシウムです。虫歯に骨密度の低下を招きます。現代人の白砂糖の摂取量とビタミン類の欠乏量は表と裏の関係にあります。ビタミンやミネラルの欠乏が何を招くのか?

うつ病、糖尿病、癌、貧血、めまい、心疾患など挙げればきりがありません。キレる子どもの食生活は大概が甘いものの大量摂取とも言われています。

昔は砂糖と言えば希少なもので、だから白砂糖でも良かったんだと思います。摂取できる量が極度に限られていましたから。野菜のミネラル含有量も多かったでしょうし。

 

甘いものを食べるとイライラが緩和される気がするんですよね。。。実際に脳の疲れが取れることは知られています。けれども白砂糖に頼り切ってしまうと、中毒症状から抜け出せなくなります。

身体に必要なビタミン類やミネラル類が無いのでイライラする⇒白砂糖を摂取⇒幸福感が味わえる⇒体内のビタミンバランスなどが崩れる⇒体の調子が悪くなる⇒イライラする⇒繰り返し

という負のスパイラルから抜け出れなくなるんでしょうね。コレが重症化するとうつ病などの病気につながっていくんだと思います。

 

 

でも甘いもの食べたい!代わりに料理に使える砂糖は何?

体の肉体的な疲れは塩分の摂取が効果的です。昔は塩もとても希少なもので、上杉謙信が武田信玄に塩を送ったのはあまりに有名ですね。塩分がないと力が出ないんです。

でも精神が疲れていたら、やっぱり甘いもの欲しいですよね~。白砂糖のかわりに黒砂糖やてんさい糖、きび砂糖、メープルシロップ、玄米水あめなどいろいろあります。用途に合わせて普通にお料理に使えます。