万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

市販睡眠薬の成分・時間・効き目は弱い?昼夜逆転対策で飲みすぎ厳禁

スポンサーリンク

人間関係や過労など過度のストレスで不眠症に悩む人が年々増加傾向にあるようですね。日本人の5人に1人は不眠症だといわれています。ストレスの根本原因が解決されれば、心の安定につながるので、不眠症も徐々に軽くなってくるものですが、そう上手くもいきませんね。「心療内科にかかるほどでもないな」という人にとっては市販睡眠薬効き目が気になるところではありますね。

 

 

市販睡眠薬の成分と効き目

睡眠薬には2種類あって、睡眠善薬と睡眠入剤があります。

睡眠導入剤は医師の処方の元、治療用に用いられるものでよく聞くものにファイザー製薬の『ハルシオン』(トリアゾラム)があります。

市販されているものは睡眠改善薬になります。

エスエス製薬の『ドリエル』、大正製薬の『ネオディ』などが有名ですね。

 

睡眠改善薬の成分はジフェンヒドラミン塩酸塩といって、風邪薬や鼻炎の薬に入っている抗ヒスタミン剤です。風邪薬や鼻炎の薬で眠くなれるのであれば、同様の効き目があるようです。

服用して何時間で眠りにつけるのか?という部分においては個人差があるようです。2、3回の服用で効果がなければ医師に相談してください。

風邪でも何でもそうですが、市販されている薬というのは初期症状には効果がありますが、重症化したり、慢性化したりすると効果が弱いものです。

市販されている睡眠改善薬は一時的な不眠に悩む人のためのもので、慢性化した不眠症の治療のためのものではありません。

また、昼夜逆転対策で飲みすぎてしまうと効かなくなってしまうケースもあります。副作用にめまいや眠気、動機など出てくる事があるので、効き目がなかったり、副作用が出るような使用を中止して専門医に指示を仰いでください。

 

 

慢性的な不眠症の場合

慢性的な不眠症の場合、過度のストレスが要因している事が多いです。

精神的なものから来る慢性的な不眠症の場合、心療内科や精神科で睡眠導入剤の処方をしてもらえます。精神疾患の通院の場合、国の自立支援制度があり、患者の負担額が軽減されます。睡眠導入剤は日中の眠気やめまい、倦怠感などが副作用に出る事があるため医師の指示に従って服用してください。

心療内科や精神科は敷居が高いという人は信頼できる内科の医師に相談されても睡眠導入剤を処方してもらえます。内科の医師によっては、専門分野の関係や睡眠導入剤の是非という観点から処方を断られるケースもあるようです。

現在は睡眠の研究も進んでいて、睡眠外来、不眠症外来のある病院も増えています。専門医の元で適正な薬を処方してもらったほうが保険も効きますし、結果的に安くなります。

 

 

不眠症改善に鍼治療

慢性的は不眠症の場合、ストレスの元凶を取り除くのが一番いいのですが、それが出来づらい現状というものもあります。不眠症の一部はストレスによる自律神経の乱れによるものが大きいです。

ストレスと付き合いながら症状を緩和させるのに鍼治療やマッサージという手段もあります。体の全体の血流を良くしてもらえますし、ピンポイントで不眠のツボに刺激を与えてもらえるので、随分体が楽になって精神が落ちつきます。