万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

こどもの日雑学!何歳までで兜は誰が買う?しきたりや歴史から学ぼう

スポンサーリンク

だいぶ気候が春らしくなってきましたね。この季節、デパートやこども用品をあつかうお店、おもちゃ屋さんなどで鎧兜などの端午の節句の武具飾りやこいのぼりが並んでいますね。初節句のお祝いにもうご用意されたご家庭もあると思います。兜飾りは誰が買うのか?いつ渡すのか?お祝い事のしきたりって分からない事も多いと思います。

 

 

兜飾りはいつから飾り始めたのか?歴史と由来

こどもの日のことを端午の節句といいます。

端午の節句で鎧兜などの武具飾りを飾るようになったのは江戸時代の武士階級からといわれています。

もともと中国の思想と農村の神事が組み合わさった行事で、五月忌みという女子の節句的な要素があったらしいですが、武士の時代となり男子の節句という位置づけになったようです。

時代とともに町人が力を着け、庶民の経済状況が良くなったのを皮切りに端午の節句も一般に浸透してきたようです。

 

 

兜飾りやこいのぼりの意味

鎧兜などの武具は武士の時代、武士の象徴であると同時に身を守るための道具でした。

武士たちが神仏への安全祈願で鎧兜などの武具を奉納していた歴史があり、端午の節句で、生まれてきた男の子が元気に育ってほしいという願いから飾られるようになりました。

こいのぼりは鯉が難関の急流を上りきり竜となったという「登竜門」という中国故事が元になっています。男子の立身出世を願うもので、武士ののぼりと対抗して江戸の裕福な町人階級から広まりました。

現在の端午の節句にまつわる飾り物は武家経由のものと町人経由のものとあるようですね。

 

 

兜飾りは何歳に誰が贈るもの?

男の子が生まれて初めて迎えるの端午の節句を初節句ともいいます。

初節句に兜飾りや武者のぼり、こいのぼり、五月人形などを贈るのがしきたりとなっています。お飾りを贈るのは何歳に贈るというのではなく、生まれて数ヶ月から1歳数ヶ月ぐらいというように時期に幅があります。

お子さんの生まれた時期によりますね。3月生まれなら2ヶ月ぐらいでしょうし、6月生まれなら11ヶ月ぐらいでしょうか。4月生まれだとお宮参りと重なってしまうので次の年に初節句のお祝いをしたりする人もいます。

兜飾りやこいのぼり、五月人形などを贈るのはお嫁さんの親というのが基本です。雛人形も同じです。しかしながら、最近では両家の親が相談して購入するケースも多いようです。

また地域によっても考え方が違います。両家の理解が必要ですね。

節句の一ヶ月前までには贈るようになっています。