万のコトノハ

着物好きが高じて着付資格まで取ったアラフォー主婦の気になったこと、好きな折り紙、切り絵のブログです!

手作りマスクの作り方は簡単?大人用と子供用

スポンサーリンク

入学、進級の季節になりましたね。子どもが成長していくさまは嬉しいような、寂しいような、複雑な気持ちですね。新学期の準備はもう済みましたか?クレヨンや色鉛筆、絵の具の名前付けも大変ですよね。シューズバックに図書バック、マスク入れなどなど縫い物作業もたくさんあります。手作りマスクで新年度を迎えるのも楽しいですよ。

 

 

大人用も子供用も簡単ガーゼマスク

用意するもの&作り方

・マスク用ガーゼ布 

・マスクゴム 低学年の子供用には24~25cmぐらいがいいと思います。

 

  1. 希望のマスクの大きさを決めます。子供用には縦7~8・5cm×12~13cmぐらい。大人用約9.5cm×13.5cmぐらいがいい気がしますが、着用する人の口周りの大きさを測ってみてください。
  2. マスクの大きさが決まったらたら、布を裁ちます。縦がマスクの約2倍、横がマスクの3倍ぐらいになるように裁ちます。
  3. 布の横の中心線に合わせて、布の上側と下側をおります。長い長方形になります。
  4. 三つ折りして両端をゴムが通るぐらいの幅をあけて縫います。ゴムを通して完成です。三つ折りしたときに端がほつれないように1cmぐらい内側に折り込むといいです。

参考元: http://handmade.xsrv.jp/howto/category02/recipe_7/

 

 

タック入り子供用マスク(縦7cm×横13cm)

用意するもの&作り方

・表布14.5cm×18cm

・裏布(ガーゼ)14.5cm×26cm

・マスクゴム24cmを2本

 

  1. 裏布は二つ折りにする。表布の中央に二つ折りした裏布を中表になるように置きます。表布と裏布を中表にあわせて縫います。
  2. 表に返して均等に3つのタックをとります。タックの向きは下向きにしてください。
  3. マチ針でタックを止め、両端をそれぞれ端から3cmくらいのところでミシンで縫います。
  4. 両端を三つ折りにしてミシンで縫い、ゴム通し口をつくります。タックの部分の布が厚くなって普通地用の針では折れてしまうこともあるので、普通地より厚めのときに使う針がいいと思います。
  5. ゴムを通して出来上がりです。

 

布マスクは、家族で一人にに1つずつあると、使い捨てのマスクがないときなどに便利です。消費税も上がったので、洗えば何度でも使えるマスクは経済的でもありますよね。